マレーシア生活の本音をポロリ

大学時代、オーストラリア留学中に出会ったマレーシア人彼と超遠距離恋愛の末、婚約。 結婚後はマレーシアに住むが・・・ 移住したい国ランキングでは常に上位だけど、実際どうなの?私の主観ゴリゴリの検証してみます。

中華系マレーシア人との結婚手続き・配偶者ビザ取得までの道のり③

「中華系マレーシア人との結婚手続き・配偶者ビザ取得までの道のり②」の続きです。

私の実体験を基に、マレーシアでの結婚手続き・配偶者ビザ取得の道のりを、詳しくご紹介します☆手続きの際に感じたことなど、良かったことや毒も吐きつつも書いていきます!(笑)


※これからご紹介する内容は、2018年9月の情報です。
※これは、中華系マレーシア人(非ムスリム)との結婚についてです。イスラム教徒との結婚では、手続きが異なります。

 

 

マレーシア国内での手続き


ステップ2:JPNにてマレーシア人の独身証明書を1部、発行してもらう。

  • 場所…Putrajaya(プトラジャヤ)にあるJPN(National Registration Department)
  • 手続きを行う人…結婚する男女2人供
  • 持ち物…マレーシア人のIC、マレーシア人の出生証明書。日本人のパスポート。
  • 所要日数…即日
  • 費用…RM9

「マレーシア人の出生証明書についてですが、マレーシア人なら誰でも「出生証明書」を持っているそうです。出生証明書を紛失しても、再発行不可なため、各自がキチンと保管してるそうです。(ムリゲー)

ステップ1にて日本国大使館が私の結婚要件具備証明書と出生証明書を作成している間に、彼君の独身証明書を取得しました。

日本で戸籍謄本を取得する要領で、すぐに独身証明書がもらえると思っていました。ナメきってました。JPN内で独身証明書を発行する担当者が、圧倒的に少ない!!なのに人がめっちゃ並んでる!!すごまじい回転の悪さ・・・。しかし、最初に受付をしてくれた方が耳より情報を教えてくれました。

 

f:id:himawari-boo:20190123211707j:image

 

さっそく裁判所に行ってみると、空いている!余談ですが、裁判所の写真を撮ろうとしたら、彼君に止められました。捕まるらしい。

発行できた彼君の独身証明書を見てみると、私の名前等も記載されてました。こうして彼君は本当に独身であることが証明されました(晴)

あと印象的だったのは、JPN内で「国際結婚手続きのお手伝いしますよ~」と手続き斡旋業者に話しかけられたこと。こういった営業には、断るのが無難。自力で結婚手続き出来ますし!

 

ステップ3:日本人の結婚要件具備証明書と日本人の出生証明書に、外務省のスタンプを捺してもらう。

 

  • 場所…PutrajayaにあるMinistry of Foreign Affiars Malaysia (外務省) 
  • 手続きを行う人…結婚する男女2人供
  • 持ち物…日本人の結婚要件具備証明書、日本人の出生証明書、日本人のパスポート。マレーシア人のIC。
  • 所要日数…即日
  • 費用…RM40

スタンプ捺すだけなのに、お金がかかるという謎。マレーシアの洗礼を受けました(聖)

 

セキュリティのおじさんが陽気で面白かったです。私が日本人と知ると、「ボク 毎日SushiでOKヨ!!旦那さんあんた幸せネ!!」って話しながら、建物を案内してくれました

 

「中華系マレーシア人との結婚手続き・配偶者ビザ取得までの道のり④」に続く