マレーシア生活の本音をポロリ

大学時代、オーストラリア留学中に出会ったマレーシア人彼と超遠距離恋愛の末、婚約。 結婚後はマレーシアに住むが・・・ 移住したい国ランキングでは常に上位だけど、実際どうなの?私の主観ゴリゴリの検証してみます。

トイレショック in マレーシア①

マレーシアで受けた、カルチャーシこョックの1つ・・・。それは、ずばりトイレ

マレーシアのトイレ事情を、2回に分けてお送りします。(それくらい衝撃だったんです・・・。)

 

今回のショックポイントは、この3つ

  1. ホースを巧みに使う
  2. 汚いことが多い
  3. トイレットペーパーの設置率が低い

 

1.ホースを巧みに使う

日本のトイレはウォシュ○ット機能がついてて、う〇こをした後に水がシャーってなるアレで洗えますよね。マレーシアでは、ウォシュ◯ットの代わりにホースを使います。意味わかんないですよね(笑)。私も話を聞いただけではイメージ出来ませんでした(笑)。こんな感じなんです。

f:id:himawari-boo:20190217203923j:image

ガチのホース。このホースが床に落ちてることもあるんです(泣)

手にう〇こ流した水が付かないのかな(真顔)?まだ試したことないので、未知の領域。このようなトイレは至る所で見られます。しかし、良いとこのホテル等ではウォシュ◯ット付きトイレが拝めます。日本では普通なんですが、キレイすぎて感動もんです。

 

2.汚いことが多い

ホース付きトイレだと、高確率で汚い(KL国際空港のトイレはキレイでした)。どう汚いかというと、床と便座が水でビショビショ。そりゃあホース使ったらビショビショになるでしょ!便座に水が付いているのって嫌じゃありませんか・・・?私だけ?だって単なる水なのか、おし〇こなのか、わかんないですもん。なので基本的に中腰でトイレ使ってます(汗)

 

以前、高速道路のサービスエリアのトイレを使ったら、硬貨が少し落ちてたんです!でも床が濡れていて汚いので、落とした本人も諦めた様子。さすがに私も拾いませんでした(笑)。

 

3.トイレットペーパーの設置率が低い

ホースでおケツを洗う習慣があるからでしょうか、店でもパーキングエリアでもトイレットペーパーを各トイレに設置していないことが多いです(エコ意識高め?)。トイレットペーパーが手拭き紙タオルのように置いてある場合があるので、そこで必要な分のトイレットペーパーを取り、いざトイレという名の戦場に挑むのです・・・!本当にトイレットペーパーが無い場合もあるので、ティッシュが必需品です。「ん?ホースでケツを洗った後は、何で拭くの?」と思ったあなた。答えは「拭かずにそのままパンツを履く」です。夏だからそのうち乾く・・・らしい。でも、パンツの中が蒸れてしまい、衛生的ではないので、注意が必要です。

 

 

バイク様様なマレーシアの交通ルール

彼君とドライブしていた時の事

 

マレーシア交通ルール

マレーシア交通ルール

マレーシア交通ルール


「強気なバイクが走っとる」

イラストではわかりにくいかもしれませんが(美術の成績万年「3」)、バイクが逆走してたんです!しかもドライブ開始からたった20分の間に、逆走バイクが2台も私の横をかすめていった・・・。正直、怖い。

マレーシアではOKなのか?いいえ、アウトだそうです。

しかし、マレーシアには大胆な交通ルールがあるそうで。それは、何があっても車が悪いという何とも理不尽なルール。例えば、交通ルールを守った車と逆走バイクが衝突しても、車が悪いという判定になるらしい(バイク=最強)。道理で攻めたバイクが多いわけだ(真顔)。というのも、マレーシアでバイクがものすんごいスピードで車と車の隙間を走っていくのを何度も目撃したからです。どれくらいのスピードかというと、スピード落としていないんじゃないかってくらいです。車のミラーにぶつかりそうで、毎回ヒヤッヒヤ・・・。マレーシアで運転したくない・・・。


イラストの2コマ目からシートベルトを描き忘れていることに今気づきました(汗) 実際はシートベルト着用してます!じゃないと危ない!

中華系マレーシア人との結婚手続き・配偶者ビザ取得までの道のり④

「中華系マレーシア人との結婚手続き・配偶者ビザ取得までの道のり③」の続きです。


※これからご紹介する内容は、2018年9月の情報です。
※これは、中華系マレー人(非ムスリム)との結婚についてです。イスラム教徒との結婚では、手続きが異なります。

 

 

<<マレーシア国内での手続き>>


ステップ4:プトラジャヤにあるJPNで、Letter of Marriage と婚姻申請書のような書類を入手する。

 

  • 場所…Putrajaya(プトラジャヤ)にあるJPN(National Registration Department)
  • 手続きを行う人…結婚する男女2人供
  • 持ち物…マレーシア人のIC、マレーシア人の独身証明書、マレーシア人の出生証明書。日本人のパスポート、日本人の結婚要件具備証明書、日本人の出生証明書。
  • 所要日数…即日
  • 費用…RM0

ここは、私も彼君も事前リサーチ出来ずに面食らいました。そして、後に思わぬ出費が発生(ひえぇ)

Letter of Marriage の取得は問題ありませんでした。しかし、この婚姻申請書に罠が・・・。

 

マレーシア_結婚手続き

マレーシア_結婚手続き

結婚する男女供に、婚姻申請書の内容をしっかり理解する必要がありました。しかし、この婚姻申請書は全部マレー語で書かれてたんです。そのため、プロの翻訳家によって内容を翻訳してもらい、翻訳済みと証明するスタンプを翻訳家に捺してもらう必要がありました。運が良いことに、JPNの方が翻訳家を紹介してくれましたので、翻訳家を探す手間は省けました。

もし私がマレー語を読めたら、この翻訳家に依頼するプロセスを省けたのかなぁ・・・??

 

ステップ5:翻訳家に婚姻申請書の内容を翻訳してもらい、スタンプを捺してもらう。

 

  • 場所…お好きな翻訳家
  • 手続きを行う人…結婚する男女2人供
  • 持ち物…婚姻申請書、マレーシア人のIC、日本人のパスポート
  • 所要日数…即日
  • 費用…RM90ほど(翻訳家による)

ということで、翻訳家の元へ行ってきました!そこのスタッフが、私と彼君の代わりに婚姻申請書の記入欄(氏名やパスポート番号など)を書いてくれるというサービス付き。翻訳もわかりやすく、質問にも快く答えてくれました。優しい方で良かった!

 

ステップ6:婚姻申請書に張り付ける証明写真を撮る。

 

  • 場所…証明写真が撮れる店(カメラ屋など)
  • 持ち物…キレイに化粧した顔
  • 所要日数…即日
  • 費用…RM20~25程(店による)

私は日本から証明写真を持ってこなかったので、マレーシアで撮りました。

ショッピングモールの中にあるカメラ屋さんで証明写真を撮りました。カメラマンが「目が見えるように髪を整えて~」とか、スーツのジャケットを貸してくれたりしてくれました。そして、現像が終わると写真の余白を切ってくれました(丁寧さに脱帽)。お値段は、マレーシア価格と思いきや、意外にも日本で撮るのと同じくらいでした。


「中華系マレーシア人との結婚手続き・配偶者ビザ取得までの道のり⑤」に続く

 

 

マレーシアのケーキカットは癖がある

職場で知り合ったマレー系マレーシア人女性が、嬉しいことに結婚式に誘ってくれたので彼君と一緒に参列した時のお話し。

 

「アンパオ(お祝儀)の相場金額は?」 「服装は?」

心配だったので、彼君パパに聞きました。

 

アンパオの相場は、RM30~50ほどで、アンパオ袋は緑色が良いとのこと(聞いておいて良かった・・・!)

 

服装は、日本の結婚式で着るようなワンピースでは、浮いてしまいます。肌の露出を控えれば良いと、シンプルなアドバイス・・・。

 

アンパオと事前に貰った招待状を手に、いざ結婚式会場である町のホールへ。ホール周辺は、車・車・車・・・。式の時間は11:00am~4:00pmとありましたが、その時間の間に行けば問題ないらしい。実際遅れて到着しましたが、どんどん後から招待客が来てました(笑)

 

ホールの入り口では、新郎新婦の親が招待客一人ひとりに、「来てくれてありがとう。ランチはバイキングになっているので、好きなだけ食べてってね」と挨拶されてました。こりゃ大変ですわ・・・。ひっきりなしに招待客が来るんだもん。会場はこんな感じ

マレーシアの結婚式
周りをきょろきょろ見ると、参列者の服装に特徴が。男性はTシャツの方もいればカッターシャツの方もいる。女性は黄色っぽい服を着ている方が多い印象でした。

 

会社関係者用のテーブルが、ひな壇のほど近くにありました。マレーシアでは会社関係者用テーブルはひな壇から遠くにあるのが一般的だそうで、珍しいねって彼君が言ってました。

 

ランチはこんな感じ

マレーシアの結婚式
主にカレー味でした。新郎新婦さんも、ひな壇でご飯を食べていました。

 

新婦さんとお話ししたいなって思っていたけど、タイミングがわからない(汗)まごついていたら、新郎新婦さんが各テーブルに挨拶周りを始めていました(なるほど、このタイミングか!)

 

そして、新郎新婦さんとの写真タイムも、テーブルごとに設けられました。ひな壇の隣に、撮影用の立派なデコレーションが用意されていました。

マレーシアの結婚式


そして、ウェディングケーキの登場 

マレーシアの結婚式
マレーシアにもケーキカットの習慣があるんですね!「鏡餅みたいなケーキ・・・!」(アホみたいな表現)新郎新婦がケーキを手で食べさせていましたが、これがマレーシア流?

  

ずーっと考えていた、アンパオを渡すタイミング。ウェイターに渡すと、その人のお小遣いになってしまうらしい。仕事仲間に新婦さんのお母さんを紹介してもらい、お母さんに渡しました(ミッションクリア・・・!)

 

お祝い出来てうれしかったし、マレーシアの結婚式の進行具合や習慣を知ることがで出来ました!

 

 

 

 

 

中華系マレーシア流・結婚記念日の決め方 ~風水は世界を救う~

具体的に結婚の話が進むと浮上する、結婚記念日をいつにするのか問題

日本では、大安日にしたり、付き合った記念日にしたり、挙式日にしたり、入籍日にしたり、といった具合で自分で記念日を決めますよね。候補日がいくつかあるから、スッと決めるのが難しそう・・・。

 

では、マレーシアではどうするんだろう?

中華系マレーシア人は、なんと風水師に記念日を決めてもらんです(たまげた)!占い好きなのか?カルチャーショック・・・!まあ、風水師が決めるなら、楽といえば楽ですかね。

 

そこで、結婚記念日を風水で決めてきました(異文化体験)。

 

彼君のおばあちゃんからずーっとお世話になっている風水師がいる、Ipoh(イポー)という所まで行ってきました。あっさり書きましたが、クアラルンプールからイポーまで車で片道3時間かかります(白目)

マレーシア_結婚記念日_風水

マレーシア_結婚記念日_風水

これ以上の詮索は危険だ。


道に迷いながらも、なんとか風水師の所へ辿り着きました(長かった・・・!)。知ってる人じゃないと辿り着けないんじゃないかっていう田舎にある、古い建物でした。

マレーシア_結婚記念日_風水

いよいよ占い開始。私・彼君・双方両親の氏名・生年月日・生まれた時刻を基に占ってくれました。そして、「○月と△月の内、どの日が結婚記念日に適してますか?」と聞いてくと、候補日を4~5日ほど教えてくれました。その候補日の中でも特にオススメの日付けがあるとのこと。

 

最終的にどの候補日にするかは、両家で話し合って決めます。

 

ちなみにこの候補日たち。日本の六曜と関係があるんかなと思ってカレンダーを見てみたら・・・。なんと、大安が1つだけで、あとは全て赤光仏滅風水と六曜関連説を否定できました(誰得)。 たまたま、一番オススメ日と大安日が一致してたので、その日に落ち着きました。

中華系マレーシア人の結婚式はお茶会!?

国が違えば、結婚式の様子も違う。そりゃそうだ、と思っていたけど、いざ当事者となるとその違いにビックリ。


日本では、❝午前中に挙式→お昼から披露宴→夕方から二次会❞ですよね。最近では、盛大な結婚式ではなく、小規模な結婚式も多くなってきましたね(私は小規模な方が好き)。


中華系マレーシア人の挙式・披露宴はどんなものなんでしょう?

なんと、数日がかりです(汗)

 

① 式の前日、新郎新婦は一緒の家で過ごしてはいけない。

② 式当日、新郎とその友人が、車で新婦の元へ迎えに行く。

③ 新婦宅にて、新郎達がミッションを遂行する。

④ お茶会(ティーセレモニー)を行う。

⑤ 夜から、新郎家族主催のディナーパーティーを行う。

⑥ 別日の夜に、新婦家族主催のディナーパーティーを行う。


ステップ多くない?(真顔)

 

②では、新郎は車をこんな風に、リボン等で車を飾ります。

マレーシア_結婚_車

 

③では、新郎は直ぐに新婦に会えません。新婦とその友人が用意したミッションをクリアしない限り、結婚は出来ない・・・!どんなミッションかというと、“パン食い競争”や“小麦粉の中から手を使わずに飴を拾う”といった可愛いもの。インポッシブルな試練ではありません。まぁ、実際ミッションに立ち向かうのは、新郎の友達なんですが。


④のお茶会が、一番重要!

マレーシア_ティーセレモニー

このお茶会が、結婚式に当たるのでビックリ!新郎新婦は新郎のご先祖にお祈りをし、自分達より年上の親族からアンパオ(お祝儀のこと)を頂き、そしてお茶を注ぎます。反対に、自分達より年下や未婚の親族にはアンパオをあげ、お茶をもらいます(お腹ちゃっぽんちゃぽん)。どこでお茶会をするのかは、各家庭で考えが異なるので決まったルールはないようです。


⑤と⑥のディナーパーティーは、日本でいう披露宴に当たります。2回も行われる(大変)。ディナーパーティーのメイン人物は、新郎新婦というよりは、その親だと感じます。「我が子がこんなに立派になったよ!」みたいな。その証拠に、ディナーパーティーの招待状には、新郎新婦だけでなく、その親の氏名も記載されるんです。日本ではあり得ないと彼君言ったら、ビックリされちゃいました。

 

もちろん、全ステップをこなす訳ではなく、一部省略したり、簡素にする中華系マレーシア人もいます。

 

誰得ですが、私は③と⑥を行いません(笑)

ベトナム航空の機内食 〜ベトナムから日本〜

毎度お馴染み(?)ベトナム航空の機内食
今回は、ベトナム→日本の便です。

朝食

 

ベトナム航空の機内食


洋食と書いてあったのに実際はアジアンだった件。

朝から麺はちょっとキツイ・・・。味は良いんだけど。洋食なのヨーグルトだけじゃない?しかし!このヨーグルト、もう一個食べたいくらい良い味してた。濃厚で、それはそれはうんまぁぁぁい!

 

もう一つの朝食メニュー

ベトナム航空の機内食
和食。品数はこちらの方が多い。メインの鶏は、「おかえりニッポン!」な味。タクアンは、かなり厚切りでオカズのように君臨してました(笑)大根の煮物も味がしっかり染みてました。更に、大好きなクロワッサンが食べられて満足!ご馳走様でした!